2017年03月10日

「やまぐち田舎遊びBOOK 2017」を作成しました!

無題.jpg
県では、都市と農山漁村の交流を一層促進し、中山間地域の活性化を図るため、農山漁村の暮らしや自然、食、歴史文化などの地域の魅力をゆっくりと楽しんでいただく「やまぐちスロー・ツーリズム」を推進しています。

このたび、県内農山漁村での様々な体験交流情報を紹介する「やまぐち田舎遊びBOOK 2017」を作成しました。

「やまぐち田舎遊びBOOK 2017」は、県内の道の駅、大型商業施設の情報ボックス、各県民局、各市町窓口、中山間地域づくり推進課等で、無料で配布しています。また、やまぐちスロー・ツーリズムのホームページ(http://www.yamaguchi-slow.jp/asobibook/index.html)からも閲覧・ダウンロードできます。

■問い合わせ先
 やまぐちスロー・ツーリズム総合推進センター
 (山口県総合企画部中山間地域づくり推進課内)
 TEL 083-933-3344
 FAX 083-933-2559
 E-mail yamaguchi-st@pref.yamaguchi.lg.jp
posted by 田舎体験 at 13:08| 日記

2016年03月31日

「やまぐち田舎遊びBOOK 2016」を作成しました!

booktop.jpg

県では、都市と農山漁村の交流を一層促進し、中山間地域の活性化を図るため、農山漁村の暮らしや自然、食、歴史文化などの地域の魅力をゆっくりと楽しんでいただく「やまぐちスロー・ツーリズム」を推進しています。

このたび、県内農山漁村での様々な体験交流情報を紹介する「やまぐち田舎遊びBOOK 2016」を作成しました。

「やまぐち田舎遊びBOOK 2016」は、県内の道の駅、大型商業施設の情報ボックス、各県民局、各市町窓口、中山間地域づくり推進課等で、無料で配布しています。また、やまぐちスロー・ツーリズムのホームページ(http://www.yamaguchi-slow.jp/asobibook/index.html)からも閲覧・ダウンロードできます。

■問い合わせ先
 やまぐちスロー・ツーリズム総合推進センター
 (山口県総合企画部中山間地域づくり推進課内)
 TEL 083-933-3344
 FAX 083-933-2559
 E-mail yamaguchi-st@pref.yamaguchi.lg.jp
posted by 田舎体験 at 10:07| 日記

2016年01月28日

農林漁家民宿開業支援講座を開催します!(2/24 長門市)

top.jpg

 平成28年2月24日(水)に、長門市物産観光センターにて「農林漁家民宿開業支援講座」を開催します。
 講師に、一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構グリーン・ツーリズムチーム長の 宍戸 信一 氏をお招きし、農林漁家民宿の開業及び経営管理に関してご講義いただきます。
 農林漁家民宿の開業を考えていらっしゃる方や、民泊受け入れ経験のある農林漁家の方など、どなたでも参加可能です。


■日時
 平成28年2月24日(水) 13時から16時30分まで

■場所
 長門市物産観光センター(長門市東深川1324-1)

■対象者
 農林漁家民宿開業希望者、民泊受入経験のある農林漁家の方、都市農山漁村交流に関心のある方、交流事業関係者、その他どなたでも参加できます。(参加費は無料です。)

■申し込み方法
 参加を希望される方は、下記申込み先へ電話・FAX・電子メールのいずれかの方法でお申し込みください。
 ※@氏名 A住所又は所属 B電話番号 をお知らせください。

■申込み・問合わせ先
 山口県中山間地域づくり推進課
 電話:083-933-3352
 FAX:083-933-2559
 電子メール:a11500@pref.yamaguchi.lg.jp
 (電子メールは、本文に必要事項を記入してください。)

 申込期限:平成28年2月18日(木)
 募集人数:40名程度

 ※チラシはこちらのページからダウンロードできます。
 →http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/news/832/

DSC08574.JPG DSC00048.JPG

1.メイン.jpg DSC06688.JPG




posted by 田舎体験 at 16:21| 日記

2016年01月07日

山口市「重源の郷(ちょうげんのさと)」で藍染め体験!

IMG_5434.JPG
山口市徳地にある体験交流公園「重源の郷」。
緑豊かな里山にある茅葺き屋根や水車など、昔懐かしい山村風景を再現しており、
様々な昔ながらの民芸細工を自分の手で作る体験ができます。

今回は「藍染め体験」に挑戦してきました!

体験の場所は、茅葺き屋根の「ふれあい工房」。
IMG_5422.JPG

最初に、絞り模様を決めます。
輪ゴムやビー玉、フィルムケースを使って、ぎゅっと絞ったり結んだり。
IMG_5107.JPG IMG_5122.JPG
スタッフの方に指導していただきながら模様を決めていきます。
この工程はとても重要なので、
すごく悩む人もいれば、あっさりと決める人もいるみたいです。

模様が決まったら、いよいよ染める作業です。
IMG_5158.JPG IMG_5157.JPG
こちらが藍瓶。うまく染まるよう、染液を常時適温に保っているそうです。

まず染液に浸します。
IMG_5212.JPG
染めムラができないよう持つ場所を変えながら浸すのがポイント。

次に染液から出して、よく広げながら空気に触れさせます。
IMG_5268.JPG
空気に触れることでだんだん酸化して青くなっていきます。

IMG_5189.JPG
こちらが1回目ですが、先程の工程を数回繰り返すと…

IMG_5254.JPG
こんなに濃い藍色に!!

完成まであとわずか。
IMG_5275.JPG IMG_5360.JPG
水洗いをして、絞りをほどきます。
ひとつひとつ模様があらわれる瞬間は感動ものです。

IMG_5419.JPG IMG_5406.JPG
ついに完成!
想像以上の仕上がりに大満足!

スタッフの方に絞り方や染め方などを丁寧に指導していただけるので、
初心者でも安心です。

今回はコースターとランチョンマットを作成しましたが、
ハンカチやスカーフなど、別の作品にも挑戦してみたくなりました。

ちなみに、染液が衣類に付くこともありますので、
気になる方はエプロンを持参するのがオススメです。

皆さんもぜひ体験してみてくださいね。

お問い合せ等、「重源の郷」の詳細情報はこちらから
http://www.chogen.co.jp/
posted by 田舎体験 at 13:49| 日記

2015年12月01日

山口県中山間地域づくりコミュニティビジネスコンテスト最終審査会・公開プレゼンテーションを開催しました!

先日、「山口県中山間地域づくりコミュニティビジネスコンテスト最終審査会・公開プレゼンテーション」を山口県旧県会議事堂で開催しました。

このコンテストは、中山間地域における産業の振興や雇用の確保、地域課題を解決するコミュニティビジネスの創業・事業化を促進するため、中山間地域でのビジネスモデルとなりうる多様な事業プランを募集したもので、最終審査会では応募者による熱いプレゼンテーションが繰り広げられました。

IMG_4705.JPG
『青海島の恵みを使って稼ごう』
 青海島共和国 河村將芳(かわむら まさよし)氏【長門市】

IMG_4719.JPG
『俵山を移動販売車で売り込み隊!』
 NPO法人ゆうゆうグリーン俵山 小坂保成(こさか やすなり)氏【長門市】

IMG_4725.JPG
『ひむろの里山暮らしで、にこにこ、すこやか。』
 すこやか夢農園 岡山務(おかやま つとむ)氏、岡山幸子(おかやま さちこ)氏【柳井市】

IMG_4732.JPG
『クールジャパン「お茶セット」がつくる地域共創ブランド』
 株式会社山口茶業 堀野民生(ほりの たみお)氏【宇部市】

プレゼンテーションの後、西京銀行地域連携部の三井広一郎(みつい こういちろう)氏により、『西京銀行の挑戦!〜創業サポートによる地域活性化〜』と題してご講演いただきました。
IMG_4739.JPG

審査の結果、NPO法人ゆうゆうグリーン俵山・小坂保成氏(長門市)の『俵山を移動販売車で売り込み隊!』が最優秀賞、株式会社山口茶業・堀野民生氏(宇部市)の『クールジャパン「お茶セット」がつくる地域共創ブランド』が優秀賞を受賞されました。
IMG_4746.JPG IMG_4774.JPG

IMG_4683.JPG IMG_4810.JPG

今回応募のあったどの事業プランにも、都市と農山漁村の人たちをつないでいく魅力あふれるアイデアが詰まっており、今後の事業の実現が本当に楽しみです。
posted by 田舎体験 at 10:08| 日記

2015年10月20日

「秋の錦川清流紀行 −清流錦川を 守り 育て 味わう 旅−」モニター参加者募集!(11/7〜8 岩国市)

 県では、中山間地域に対する理解の促進と地域の活性化を図るため、訪れる人に地域の魅力をゆっくりと楽しんでいただく「やまぐちスロー・ツーリズム」を推進しています。
 本年6月に「未利用資源活用型モニターツアー」企画募集においてモデルとして選定された企画について、下記のとおり、企画実施者の「錦川観光協会」によりモニターツアー企画が実施されることとなり、併せてモニター参加者を募集中ですのでお知らせします。

omote.jpg ura.jpg

『秋の錦川清流紀行 −清流錦川を 守り 育て 味わう 旅−』

開催時期/平成27年11月7日(土)〜8日(日) 1泊2日

開催地域/岩国市錦町

テーマとなる未利用資源/オオサンショウウオ保護活動、平瀬ダム建設現場

旅プラン/まちぐるみ博物館散策、木谷峡散策、オオサンショウウオ見学、平瀬ダム工事現場見学、川を守る地域貢献活動、とことこトレイン 等

旅行代金/1名 12,000円

募集対象/大人(中学生以上)

募集人員/20名(最少催行人数10名)

応募方法/2名以上のグループで、応募先に電話・FAX等でお申し込みください。

応募先/錦川鉄道株式会社 TEL:0827-72-2002、FAX:0827-72-3728

参加条件/アンケート調査への回答、被写体として写真や映像の撮影、音声収録にご協力いただくとともに、収録した画像や音声の各種広報媒体での使用についてご承諾が必須となります。

主催等/イベント企画:錦川観光協会
    旅行企画・実施:錦川鉄道株式会社
    後援:錦川清流線を育てる会、岩国市、山口県

posted by 田舎体験 at 16:12| 日記

2015年10月05日

「秋の薬草観察と錦川清流線日帰りきっぷ」モニター参加者募集!(10/22 岩国市)

pamphlet.jpg

『秋の薬草観察と錦川清流線日帰りきっぷ』(モニター参加者募集)
〜中山間地域ビジネスづくり推進事業 未利用資源活用型モニターツアーモデル企画〜


 山口県では、中山間地域に対する理解の促進と地域の活性化を図るため、訪れる人に地域の魅力をゆっくりと楽しんでいただく「やまぐちスロー・ツーリズム」を推進しています。
 昨年9月、「未利用資源活用型モニターツアー」企画公募においてモデルとして選定された企画について、下記のとおり、企画実施者「山代ふ〜ど(風土)協議会」によりモニター企画が実施されることとなり、併せてモニター参加者の募集中ですのでお知らせします。

≪モニターツアー概要≫
■モニター企画名:『秋の薬草観察と錦川清流線日帰りきっぷ』
■開催時期:平成27年10月22日(木)
■開催地域:岩国市錦町
■テーマとなる未利用資源:休耕田、酒粕
■旅プラン(※):山菜・野草観察、白壁どおり散策、堀江酒造若杜氏の酒づくり説明等
■旅行代金:1名 3,900円
■募集対象:大人
■募集人員:20名(最少催行人数10名)
■募集方法:応募先に電話・FAX等でお申し込みください
■募集締切:平成27年10月16日(金)先着順
■応募先:錦川鉄道(株)
     TEL 0827-72-2002
     FAX 0827-72-3728
■参加条件:アンケート調査への回答、被写体として写真や映像の撮影、音声収録にご協力いただくととともに、収録した画像や音声の各種広報媒体での使用についてご承諾が必須となります。
■主催等:イベント企画/山代ふ〜ど(風土)協議会
     旅行企画・実施/錦川鉄道(株)
     後援/岩国市、山口県
※モニターツアーの内容は、変更される場合があります


posted by 田舎体験 at 09:17| 日記

2015年09月17日

山口県中山間地域づくりコミュニティビジネスコンテスト 事業プランを募集中です。(9月30日まで)


bijikon logo.jpg

 山口県では、地域が企画・立案するコミュニティビジネスのコンテストを開催します。 
 山口県内の中山間地域において、地域が抱える課題に対し、地域住民が中心となり、ビジネスの手法を用いて解決を図る事業プランを募集しています。
 交流ビジネスをお考えの中山間地域の団体の方など、ぜひご応募ください。
 
〇募集対象者
 地域住民が形成する、地域コミュニティ団体、NPO法人、企業組合等の組織
 ※応募には所在地を管轄する市町の推薦が必要です
 
〇募集期間
 平成27年8月3日(月)〜9月30日(水)
 
〇選考
 1次審査(書類審査)、2次審査(プレゼンテーション審査)を経て、最優秀賞1件、優秀賞2件を選考します
 
〇入賞者への支援
 西京銀行「創業サポートローン」の融資対象となります
 
〇応募方法
 所定の応募様式に記入のうえ、持参または郵送にて、平成27年9月30日(水)までに山口県中山間地域づくり推進課までご提出ください
 
※詳しくは、下記リンク先から応募要領をダウンロードして御覧ください。
 『やまぐち中山間地域づくり支援サイト』(http://www.yamaguchi-chusankan.jp/chiikilib/news.php?x-vew=145
posted by 田舎体験 at 11:31| 日記

2015年08月06日

やまぐちジャンボリーフェスタへ出展中です!

タイトル.jpg

現在、開催中のやまぐちジャンボリーフェスタに当課も出展しています!
出展ブース.JPG

出展ブースでは、
県内の自然や歴史・生活文化を体験できる「体験交流プログラム」や、
農山漁村の生活を体験できる「農林漁家民宿」などを紹介しています。
ブース内.JPG 受付.JPG

場所は国際交流ゾーンにある県PRブースで、
「山口県パビリオン」の出口付近、「日本パビリオン」の向かいにあります。
マップ.jpg 日本パビリオン.JPG

本日(6日)が最終日となっており、各種イベントが21:00まで開催されます。
詳細はこちら

来場されていない方もまだ間に合います!
世界各国のスカウトと交流できるチャンスですよ〜!
是非お越しください☆

来場された方は、当課のブースにもお立ち寄りくださいね☆

様子.JPG
posted by 田舎体験 at 11:53| 日記

2015年06月29日

阿武町「ギ・パドラーズ」でシーカヤック体験!

夏といえば海!ということで、今回は日本海でシーカヤックを体験してきました!
今回教えてくださるのは、阿武町にある「ギ・パドラーズ」の高井さんご夫妻です。
IMG_3913.JPG
よろしくお願いします!

まずはライフジャケットの説明から。
IMG_3696.JPG
正しく装着できていないと、転覆などの際、事故につながるのでとても重要です。

次にパドルの使い方です。
IMG_3720.JPG
陸上での練習はイメージが掴みづらく、なかなか難しそう…。

ついに海上へ。
ドキドキ。ワクワク。
IMG_3746.JPG
本日は暑すぎず、風がとても気持ちいい!
海がとても穏やかで、まさにシーカヤック日和です。
目指すは、遠くに見える無人島!!

パドルの使い方も、実際にやってみると意外と簡単にできました。

ゆらゆらと海上を漂っていると、最初は遠くに見えていた島がいつの間にか近くに。
IMG_3759.JPG

あっという間に到着です。
IMG_3774.JPG

島では、石を投げて遊んだり
IMG_3784.JPG IMG_3783.JPG

貝殻を拾って遊んだり
IMG_3800.JPG IMG_3809.JPG

海の香り満点の貝を食べさせて頂いたり
IMG_3817.JPG IMG_3831.JPG
島の楽しみ方を色々教えて頂きました。

ここで一休み。
IMG_3816.JPG
コーヒーやココアを飲みながらゆっくり過ごします。

さあ、休憩も終わり出発です!
IMG_3836.JPG

帰り道はこんな岩場も探検できます。
IMG_3854.JPG 
岩場ギリギリのところを力を合わせて通り抜けます。

到着する頃には2人の息はピッタリ!
IMG_3877.JPG
ゆっくりと時間を忘れて楽しめる、日本海の旅でした。

今回は半日体験コースでしたが、1日体験コースのほか、様々なプランがあるようです。
みなさんも今年の夏は、ぜひ日本海でシーカヤックを楽しんでみてください。
高井さん、本日は素敵な体験をさせていただき、どうもありがとうございました。
IMG_3911.JPG

お問い合わせ等、「ギ・パドラーズ」の詳細情報はこちらから
http://www.gi-paddlers.com/
posted by 田舎体験 at 14:38| 日記

2014年12月26日

美祢市「森の駅」でバウムクーヘン&ピザ作り体験!

PA070831(2).jpg

美祢市大嶺町にある体験施設「森の駅」。自然に囲まれたログハウスで、様々な体験活動を行うことができます。
今回は、下関市立豊北中学校テニス部の皆さんの「バウムクーヘン&ピザ作り」にお邪魔してきました。

早速バウムクーヘンの生地を作ります。1回の体験で30人分のバウムクーヘンを作るため、生地も大量に必要です。使用する卵は何と40個!一人ではとてもできません。みんなで協力して、大きなボウルで混ぜていきます。

しっかり混ぜて・・・。
PA120997.JPG

バニラエッセンスを少々、といきたいところですが、なにしろ大変な生地の量です。
勢いをつけて、思いきり振り入れます。
PA120999.JPG

生地をつくる間に、ピザを焼く石釜は順調に温められています。
石釜の火は見ているだけでなんだか暖かそうですね。
ピザを焼くときは薪を桜に変え、ほんのり桜の香りをつけるそうです。PA121003.JPGPA121010.JPG

生地作りが終わり、こちらでは何やら竹を温め磨いています。これをバウムクーヘンの芯として使用します。
PA121011.JPG

生地をかけ、芯を回しながらゆっくりと回していきます。焼き目がついたら、また生地をかけて焼きます。
これを何度も繰り返します。
PA121012.JPG
PA121016.JPG

子ども達がバウムクーヘンを焼いている間、保護者の皆さんはピザ作りに挑戦。
生地を伸ばし、円形にした後、特製ピザソースと新鮮野菜などでトッピングをしていきます。
PA121017.JPGPA121025.JPG

トッピングが終わったら、早速焼いていきます。しっかりと温められた石釜に素早く入れていきます。
なんと5分もしないうちに焼きあがりました!
PA121034.JPGPA121035.JPG

バウムクーヘンもいい感じに焼けてきました!!周りには甘い香りがただよいます。
PA121039.JPG

焼き上げたバウムクーヘンの芯を外していきます。崩さないよう、慎重に。
PA121045.JPGPA121048.JPG

ついに完成!切り分けてみると、すごい量ですね。
PA121050.JPGPA121059.JPG

みんなでおいしくいただきました!買って食べるよりずっとおいしい!
PA121062.JPGPA121054.JPG


森の駅では、上記の自然体験の他、季節の体験(そうめん流し、餅つきなど)、木工体験など、楽しい体験がたくさん用意されています。
どの体験も普段は出来ないものばかり。管理人の園田さんが道具の使い方から優しく教えてくださるので、安心して体験することができます。
詳しい情報は以下のURLから。人気スポットですので、ご予約はお早めに。
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/46/














posted by 田舎体験 at 16:54| 日記

2014年12月16日

昔話の世界へようこそ。下松市の農家民宿「仙郷の宿 谷の風」で筵(むしろ)打ち体験!

下松市の下谷地区、細い山道を抜けた先に、「仙郷の宿 谷の風」はあります。
仙郷の宿 谷の風外観

行くまでの道です。落ち葉などで滑らないよう、ゆっくりと進みます。普通車でも気を付けて進めば通ることができます。
道中の山道

筵(むしろ)とは、藁(わら)や井草で編んだ敷物のこと。隙間なくしっかりと編めるよう、専用の機械を使います。
筵打ち機

早速「谷の風」の下村さんから筵の打ち方を習います。もちろん、これまでに筵を打ったことはありません。筵打ち、なかなか奥が深そうです。
筵打ち講習の様子

タテ縄に少しずつワラを通しては寄せ、端の処理を行います。
端の処理1端の処理2
端の処理3

最初は全くわかりませんでしたが、下村さんに丁寧に教えていただきながら奮闘。しばらくするとリズムよく打てるようになりました。
筵打ちに挑戦する様子

地味な作業に見えますが、できるようになってくると、意外と楽しいですよ。
PB011143.JPG

少しだけ、ワラ縄作りも体験しました。手で編むのかと思いきや、機械が登場。足踏み式で、ワラを入れるだけで縄が編みあがる優れものです。いつ作られたものかは、もうわからないとのこと。何十年たってもまだまだ現役。これからもがんばってもらいます。
カット5.JPG

ペダルを交互に踏んで、タイミングよくワラを入れる。それだけなのですが、一人ではなかなかできません。あきらめて、ワラを入れる人、ペダルを踏む人に分かれて挑戦しました。
PB011150.JPGカット6.JPG

ゆったりとした田舎体験。なんだかタイムスリップして昔話の世界に来たような、そんなひと時を過ごすことが出来ました。毎日が忙しい人にこそ、オススメしたい体験です。下村さん、ありがとうございました!
ココがオススメ!.JPG

「仙郷の宿 谷の風」では、宿泊する方を対象に、筵打ち体験の他にも、季節の農業体験、そば打ち体験、アマゴ(川魚)塩焼体験など、田舎の生活を様々な形で味わうことができます。体験だけでなく、見える景色や鳥のさえずり、風の匂いなど、すべてに癒される民宿です。

農家民宿「仙郷の宿 谷の風」詳細情報はこちらから
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/99/







posted by 田舎体験 at 13:26| 日記

2014年12月10日

岩国市「笠原養蜂園」で蜜蝋キャンドル作り!A(体験編)

(@の続き)今回は体験編です。
見出し用.jpg

腹ごしらえも済み、笠原養蜂園に到着。
施設外観.JPG

初めて見る蜜蝋に興味津々の様子。蜜蝋とは、簡単に言えば蜂の巣を精製したもの。加工される前のものはなかなかお目にかかれませんが、実は化粧品や装飾品、クレヨンにも使用されています。
PA080880.JPG

養蜂場の笠原さんに習いながら、早速キャンドルを作っていきます。まずは簡単なものから。蜜蝋を溶かさず、ドライヤーで温めながら、くるくると巻いていきます。
PA080886.JPGPA080892.JPG

次はちょっと難しいキャンドル作りです。蜜蝋を火にかけ、不純物を取り除いていきます。
PA080897.JPG

不純物を取り除いたら、染料で色付け、型に流し入れます。どのような色になるかは、出来上がってからのお楽しみ。
カット4.JPGPA080904.JPG

ろうが固まったら、慎重に型から取り外します。きれいにできました。一つとして同じものがないことも、手作りの魅力ですよね。
カット5.jpgPA080975.JPG

最後に、養蜂園で採れたハチミツをパンにつけていただきました。笠原さんが自信を持っておススメする、混ぜ物なしのハチミツです。もちろん、味も文句なしです。
カット6.jpgカット7.jpg

笠原さん、ありがとうございました!笠原養蜂園では、春から秋にかけては実際に養蜂園に行き、蜂の巣箱からハチミツを取り出す「養蜂体験」も行っています。
自分たちで取り出したハチミツを召し上がることもできますので、子どもたちにも大人気です。防護用のネットやエプロンも用意していますので、是非一度体験しに来てください。
IMG_0421.jpg

お申込みは「やましろ体験交流協議会」を通じてお申込みください。
やましろ体験交流協議会の詳しい情報はこちら
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/40/








posted by 田舎体験 at 10:50| 日記

2014年12月09日

岩国市「笠原養蜂園」で蜜蝋キャンドル作り!@(食事編:大将陣愛菜屋)

岩国市北部(旧錦町・美川町・美和町・本郷村)は「やましろ地区」と呼ばれ、
島根県と広島県の県境に接し、錦川をはじめとして、豊かな自然に囲まれた風光明媚な地域です。
今回は、そんなやましろ地域で様々な体験交流活動を行っている「やましろ体験交流協議会」のご案内で、美和町にある「笠原養蜂園」に行ってきました。

養蜂園に向かう前に、まずは腹ごしらえです。旧錦町にある「大将陣愛菜屋」。
養蜂園からは車で30分ほどの場所にあります。

PA080877.JPG

こちらでは、地域特産の「わさび」や「鮎」を使用した料理をいただくことができます。
<左:わさび丼(500円)、右:鮎重(1,000円)>

PA080863.JPGPA080867.JPG

いただく前は「え?わさび丼って辛いだけなんじゃないの?」と思っていましたが、
いざ食べてみると、天然のわさびは辛さの中に豊かな風味と甘さがあることがわかります。
ご飯にわさびと醤油という、シンプルな組み合わせですが、是非また来たいと思える味
でした。
鮎重は、地元産の鮎を、こだわりの「かけだれ」にくぐらせたもの。清流に育まれた新鮮な鮎は、
「川魚は臭みが苦手…。」という方にも自信を持っておすすめできる1品です。

PA080872.JPG

大将陣愛菜屋の藤井さん、おいしい料理をありがとうございました!
PA080873.JPG

□□□施設情報□□□
施設名:大将陣愛菜屋
所在地:岩国市錦町須川(国道434号線沿い)
営業時間:10時30分から14時
定休日:木曜・金曜

そのAに続きます。












posted by 田舎体験 at 16:21| 日記

2014年10月22日

萩市「むつみの恵」

PA030719(3).jpgPA030746.JPG

今年の3月30日にオープンしたばかりの農産加工販売施設
「むつみの恵」に行ってきました!

PA030715.JPG

店内は地元でとれた新鮮で安心な野菜をはじめ、

PA030730.JPG

地元の方が作ったキルティングバックなども売っています。

PA030744.JPG

これはむつみ地区の地図(無料)。中を開いてビックリ!すべて手で書いてあります。

PA221079.JPGPA221080.JPG 

施設内にあるレストラン「むつみ・キッチンばぁ〜ば」で
お食事をいただくことにしました。

PA030735.JPG

店内はピカピカ!外でのお食事もできますよ。

PA030736(2).jpgPA030737.JPGPA030748.JPGPA030738.JPG

早速おススメメニューの「むつみ豚のミルフィーユかつ定食」をいただきます!

PA030719(3).jpgPA030720(2).jpg

見た目通りおいしい!地元産の豚肉と、大葉とチーズを何重にも重ねてあります。
「ミルフィーユかつ」という名前にも納得。ずっと食べていられそうです。
メニューの考案はホテルでの調理経験もある元シェフ。この味にも納得です。
他にも日替わり定食やうどん・おむすびなどの軽食も取り扱っています。

PA030743.JPG

定年退職後のお母さん達が地域のために始めた「むつみ・キッチンばぁ〜ば」。
取材を受けてくださった山本さんと増野さんは、
「ここが交流の場になって、地域がずっと元気に、笑顔でいられるようにしたい。」と
将来の夢を語ってくださいました。

「むつみ・キッチンばぁ〜ば」で働く皆様。
取材を受けていただき、ありがとうございました!PA030729(3).jpg

むつみの恵の詳しい情報はこちら。
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/142/










posted by 田舎体験 at 12:01| 日記

2014年09月26日

【山口県】未利用資源活用型モニターツアー モデル企画が決定しました!

 以前の記事でお知らせしました未利用資源活用型モニターツアー企画公募。
 県内の団体から計8件の応募をいただき、厳正なる審査の結果、下記の2件をモデル企画に選定しました。
 決定されたモデル企画の実施者に対しては、モニターツアー実施のためのアドバイザー派遣や実施経費の補助により、ツアーの商品化を視野に入れた支援を行ってまいります。
 
 モニターツアーの開催が近づきましたら、本ホームページでも参加募集のお知らせをさせていただく予定です。
 ぜひ、地域の宝を満喫する「未利用資源活用型モニターツアー」に御参加下さい。
 
         記

1【短期モデル】(平成26年度ツアー開催)
 ○応募者名
    NPO法人自然と釣りのネットワーク(周防大島町)
 ○モニターツアー名
    周防大島の「海・山、歴史」体感ツアー
 ○開催地域
    周防大島町
 ○開催時期
    平成27年1月予定
 ○テーマとなる未利用資源
    ニホンアワサンゴ、湧水(塩)、地家室・沖家室の歴史
 ○ツアー概要(※)
    ・ニホンアワサンゴの船上モニター観賞
    ・湧水塩づくりとおにぎりづくり
    ・沖家室島歴史散策
    ・狼煙上げ体験
    ・石風呂入浴体験     等
DSC07656.JPG DSC07603.JPG

2【長期モデル】(平成27年度ツアー開催)
 ○応募者名
    山代ふ〜ど協議会(岩国市)
 ○モニターツアー名
    行ってみよういね!えかろうじゃ山代ツアー
 ○開催地域
    岩国市
 ○開催時期
    平成27年4,5,6,10,12月予定
 ○テーマとなる未利用資源
    廃線後のトンネル、酒粕、間伐材・竹、休耕田
 ○ツアー概要(※)
    ・酒米の栽培
    ・休耕地での土づくりと野菜栽培
    ・廃トンネルでのシイタケ、白ウド、黄ニラ栽培、酒粕漬けづくり
    ・地鳥有精卵収集とスイーツづくり
    ・間伐材・竹での食器づくり  等
DSC07443.JPG DSC07342.JPG

(※)ツアーの内容は変更になる場合があります。
posted by 田舎体験 at 19:49| 日記

2014年04月30日

『やまぐち田舎遊びブック2014』で山口県の田舎を満喫!


「やまぐち田舎遊びBOOK 2014」を県内の観光案内所、道の駅、大型商業施設、県庁刊行物センター等で配布しています。
 今年のBOOKも、やまぐちの田舎を大いに楽しむための情報が満載です☆

 ※数に限りがありますので、品切れの場合はあしからず御了承ください。
 ※こちら↓のページからダウンロードできます。
   http://www.yamaguchi-slow.jp/asobibook/index.html

2014.jpg
posted by 田舎体験 at 10:12| 日記

2014年04月08日

田舎体験ガイド!!YAMAGUCHI vol.15をアップしました!

今号は、昨年夏の豪雨災害に見舞われながらも、元気で頑張る山口県北部地域を特集しています。
ぜひ春の県北を訪れてみてくださいね。

こちらのページ↓からダウンロードできます。
http://www.yamaguchi-slow.jp/backnumber/index.html

vol15.jpg
posted by 田舎体験 at 14:12| 日記

2013年10月08日

宇部市小野「あすなろ食堂」のうどん定食でお腹いっぱい☆

DSC03907.JPG


 宇部市下小野の「あすなろ食堂」に行ってきました。

DSC03897.JPG
DSC03898.JPG
 ここは地元農家の女性を中心とした小野特産手づくりグループが経営する食堂。
 小野ダム湖に面する小野集落内、特産品加工所の隣で営業しています。

 建物の側に建つと、お出汁の良いにおいがしてきました。

DSC03901.JPG
DSC03900.JPG
 店内はカウンター席のみで5、6人で一杯になるこじんまりとした造り。

DSC03899.JPG
DSC03905.JPG
 今日は看板メニューの「うどん定食」500円を注文。
 内容は肉うどんにご飯。これにお店の方たちが持ちよった野菜を使ったおかず、あえ物、お漬物が付いてボリューム満点。多いという方はご飯を外して450円のメニューもあります。
 今日は手作りゴーヤー味噌を使った炒め物が付いていて、お店の方に「美味しいよ」と言われて一口食べてみると本当においしい!
 お客さんに、この辺りでは一番の店と言ってもらえるとのことでしたが、納得しました。
 最近は新聞でもが紹介され、宇部市内から探して来店される方も多いとのこと。

DSC03910.JPG
 後にお店の皆さんの写真をいただきました。
 明るく楽しい皆さんです。
 美味しいお食事ありがとうございました。


あすなろ食堂の詳しい内容はこちら↓をご覧ください。
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/68/
posted by 田舎体験 at 15:03| 日記

2013年08月01日

窯焼き夏野菜ピザ体験in俵山!

01 DSC01731.JPG
ナスにピーマンにトマトなど、夏野菜の美味しい季節です。
自然豊かな俵山。
自分で夏野菜を収穫して、窯焼きピザ作りに挑戦です!

DSC01492.JPG
長門市の山あいの「俵山」。
温泉街で有名なこの地に「里山ステーション俵山」があります。
ここが今回の会場です。

DSC01504.JPG
里山ステーションを拠点に活動するNPO法人「ゆうゆうグリーン俵山」スタッフの井上さん(中)と林さん(右)です。
今回ピザ作り体験の指導をいただくのは井上さん。よろしくお願いします。

DSC01505.JPG
早速ピザにして食べる野菜を採りに行きましょう。
長靴を借りて野菜の実る農園へ。

DSC01509.JPG
自然の中の俵山は、鹿やイノシシが多いお土地柄。
畑はフェンスで守られています。

DSC01522.JPG
ナスやピーマンなど、旬の夏野菜をいただきます。

DSC01544.JPG
野菜をもいで帰ったら、ピザ作り開始。
ピザ生地作りに取りかかります。

DSC01553.JPG
コネコネします。
こねた生地は15分程度発酵させます。

DSC01582.JPG
発酵の間にさっき収穫した野菜の下ごしらえをしましょう。

DSC01609.JPG
ピザ用に薄切り終了。

DSC01657.JPG
発酵して膨らんだ生地を適当な大きさに伸ばします。

DSC01689.JPG
トマトソースを塗ってトッピングすれば、ピザの準備完了です。

DSC01722.JPG
この3月にしつらえたばかりのピザ窯。
薪を焚いて窯内が250度まで熱されたら、いよいよピザ投入です!!

DSC01726.JPG
窯のふたを閉じて5分程待ちます。

DSC01729.JPG
窯を開けるとアツアツのピザが!

DSC01757.JPG
季節の野菜たっぷりのピザのでき上がりです。
初めてでもこんなに立派に焼けました!

DSC01782.JPG
木陰にテーブルを出して、できたてピザをいただきました。
野菜の食感が楽しめ、ジューシーでとても美味しかったです。

今回のピザ作りは井上さん達に丁寧に指導していただき、初めてでも簡単に作ることができました。
ゆうゆうグリーン俵山の皆さん、楽しい体験をありがとうございました。


NPO法人ゆうゆうグリーン俵山では、ピザ作り体験の申込を随時受け付けています。
皆さんも美味しいピザを自分で焼いてみませんか?

お申し込みはこちらの情報をご覧ください。↓
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/news/739/

posted by 田舎体験 at 20:32| 日記
カテゴリ
日記(77)
むらまち交流メールマガジン

山口県内のスロー・ツーリズム情報を定期的に配信します

やまぐち中山間地域づくり支援サイト UJIターン支援サイト 山口県サテライトオフィスサポートセンター

リンク集

  • 山口きらめーる
  • 魅力発県やまぐち
  • ふるさと納税
  • ものづくり.net
  • 小水力発電開発支援サイト