2013年07月16日

夏本番!清流錦川で川遊び!!

01top DSC_0003.JPG

 梅雨も明けて夏本番!
 山口県の誇る清流錦川で、暑い夏をおもいっきり楽しみます!


DSC00990.JPG
 今回は岩国市錦町にやってきました。
 同町の「やましろ体験交流協議会」を通じて、川遊び体験を予約。
 どんな体験ができるか楽しみです。

DSC00992.JPG
 錦川清流線の錦町駅前で、今回インストラクターを受けてくださった(有)やまぐちアウトドアスポーツネットワークの和田さんと合流。
 人あたりの良い優しい方です。

DSC00994.JPG
 和田さんのお宅で、ウウェットスーツと水の中で履く靴をお借りしました。
 スーツの下は、自前の水着か濡れても良い服を着ます。そのほかは、ほぼ手ぶらでOK。
 着替えは普通体験場所でするとのこと。女性は着替え用のポンチョなど利用。

DSC00999.JPG
 錦町広瀬地区の風景。山に囲まれた盆地で、狭い平地に田んぼが作られています。
 9時を過ぎてだんだん暑くなってきました。

DSC01037.JPG  
 体験場所の広瀬地区錦川河畔に到着。
 早速川へ入って水温に慣れます。川の中で準備体操もしました。
 今はアユ釣りのシーズンのため、釣り人のいない場所での体験になります。

DSC01076.JPG
 胴衣とヘルメットを装着。

DSC01095.JPG
 まず、パドルの使い方を教わります。

DSC01111.JPG
 練習が終わって、ラフティングボートに搭乗!

DSC01126.JPG
 上流に向けてレッツゴー!

DSC01190.JPG
 一生懸命漕いでます♡

DSC01168.JPG
 落ちた人を引き揚げる訓練。
 上の人も下の人も大変。

DSC01286.JPG
 さらに上流へ。山の緑が川面に映えます。絶景。

DSC01289.JPG
 河原に到着。ここでラフティングボートを一旦降ります。

DSC01297.JPG
 お茶とクラッカーでしばし休憩。

DSC01324.JPG
 歩いて流れの急な場所へ移動します。

DSC01345.JPG
 流れに身を任せ、急流下り!

DSC01362.JPG
 石に当たると痛いけど、このなす術の無さが面白い!
 
DSC01383.JPG
 今度は岩に登って、おもいっきりダイブ!

DSC01436.JPG
 嬉々として飛び込むメンバーたち。

DSC01453.JPG
 川の中でみんなでポーズ。

DSC01477.JPG
 ぷかぷか浮かんでラッコの気分。
 昼前の時点で気温は30度をとうに超え、水の冷たさがホントに気持ちよい。

DSC_0006.JPG
 再びボートに搭乗。今度は川を下ります。
 気分は最高潮!

DSC_0013.JPG
 和田さんアップ。
 下りはボートの指揮を他のメンバーにも体験させ、一緒に漕ぎました。
 
DSC_0024.JPG
 無事帰着。
 心地よい疲れと楽しさで、みんな御機嫌です!

DSC_0038.JPG
 装備を和田さんの車に積んで体験終了。
 
 錦川の絶景の中でおもいっきり水と戯れた川遊びは、涼しくて楽しくて気分もスカッとして本当に最高でした。
 和田さんありがとうございました!

 みなさんも童心に帰って清流で遊んでみてはいかがですか?


 今回お世話になった和田さんの会社(有)やまぐちアウトドアスポーツネットワークのHPはこちら。
 http://ww5.tiki.ne.jp/~hiro_outdoor/
 一般のお客様は、こちらのHP記載の連絡先からご予約ください。

 予約を取り次いでいただいた、やましろ体験交流協議会のHPはこちらです。
 http://www.yama-shiro.info/ 
 学校・企業等の体験学習・研修旅行等については、こちらのHP記載の連絡先へ御連絡ください。

 
 
posted by 田舎体験 at 21:46| 日記

2013年07月12日

「農家レストランたぬき」宝作御膳で開運を!

 今回は周南市鹿野の「農家レストランたぬき」さんにお邪魔しました。

1 DSC_0056.JPG
 緑に囲まれたウッドハウス調のレストランです。

2 DSC_0078.JPG
 お店に入ると、御主人の寺戸さんにお出迎えいただきました。
 以前スーパーの経営も手掛けられていた御主人は、その中で得た生鮮食品の知識を活かして「農家レストランたぬき」を開業。
 現在までこの人気のお店を楽しみながら経営されています。

2 DSC_0089.JPG
 店内窓からの風景。店名にもある「たぬき」が随所に隠れています。
 最初の写真に写っている建物の庇は、お客様に日射しが当たっていたため、知人の協力を得て改修。つい2週間前に完成したとのこと。
 厨房では奥様の指揮の下、調理が進んでいます。

3 DSC_0083.JPG
 しばらく御主人とお話ししていると、予約しておいた「宝作御膳」(1,000円)が登場。
 自慢の豚生姜焼きに、さしみこんにゃく、地元野菜の天ぷら、紫のジャガイモを使ったポテトサラダなど、地元食材をふんだんに使った内容です。
 ご飯はおかわり可能。この日はご飯はフキごはんと白ごはんが選べたので、皆1杯目はフキごはんを選択。

4 DSC_0060.JPG
 鹿野はおみくじ生産量全国NO1の土地。また、お店の近所の宝作神社は宝くじの神様。
 御膳にはもれなく開運おみくじが付いてきます。

5 DSC_0063.JPG
 早速皆の運だめし。結果は大吉1、吉1、中吉4。
 なかなかの運気ではないでしょうか。

6 DSC_0072.JPG
 食事をいただきます。
 お肉はしっかりとした味、さしみこんにゃくはさっぱりとした味と、素朴かつ上品な味でとても食べやすい。
 みんなご飯のおかわりも積極的で、大満足でした。

7 DSC_0067.JPG
 レジ横には地元の特産加工品なども販売。
 渋川茶は、昔から名産物だったとか。

8 DSC_0092.JPG
 楽しい食事やお話しの時間を終え、お店を失礼します。
 御主人には最後までお見送りいただきました。
 心づくしのお料理。本当にありがとうございました。
 今日の出会いを開運の神様に感謝!

 「農家レストランたぬき」金土日祝のみ営業。
 公式ブログも開設していらっしゃいますので、是非ご覧ください。
 http://nouka-rest-tanuki.cocolog-nifty.com/blog/

 参考ページ(地図等)
 http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/47/

posted by 田舎体験 at 20:23| 日記

2013年05月17日

蓋井島の漁家民宿で島時間体験☆

乞月山.JPG 蓋井島 遠景.JPG

 下関の沖合、響灘に浮かぶ孤島「蓋井島(ふたおいじま)」。
 新鮮な海の幸や山ノ神神事、エミュー牧場などが有名で、海女漁も行われているこの島には、漁家の方が経営されている5軒の民宿があります。
 島で採れた海の幸を使ったお料理をはじめ、気さくな宿主とのおしゃべりや、宿ごとの体験メニューなど楽しめますよ。(季節ものの食事メニューや体験メニューは、実施時期にご注意を!)
 街の喧騒から離れて、島で泊まってゆっくりのんびり過ごしましょう♪



位置図 小.jpg 蓋井丸 小.JPG
 蓋井島は下関の沖合約6キロにあります。
 吉見港から定期船「蓋井丸」で約35分で到着します。

集落遠景.JPG 集落近景.JPG
 島に着くと、そこは小さな漁村。港に漁船が繋がれています。
 島には小さな売店が一軒あるだけです。必要なものは本土で揃えた方が良いです。


【蓋井島の民宿】

●おけや
  [電話083-286-6264 下関市蓋井島96番地 一泊二食6,000円]
 料理の修業をされた御主人が、島に帰ってきて開業された民宿。
 島で採れた魚介を使った料理が自慢です。
 興味があれば島魚料理を習ってみてはいかがでしょう。
 宿のブログはこちらから↓
 http://minnsyukuokeya.blog101.fc2.com/
  おけや 外観.JPG

  おけや 料理.jpg
   夕食の一例 鮮度にこだわりがあります。

  おけや 主人.jpg
   御主人と奥様です。


●民宿すおう
  [電話083-286-6258 下関市蓋井島90番地 一泊二食6,000円]
 100年以上前に建てられた古いお宅を民宿にされています。
 島を訪れた日は、こちらで昼食をいただきました。お魚づくしにウニや山菜、おいしかったです。
 時期(7〜9月)が合えば、船の上から海女漁の見学ができますよ。
  すおう 外観.JPG

  すおう 昼食.JPG
  昼食をいただきました。島名物のサザエご飯に、島の魚と山菜の料理です。
  ウニが一人一椀つきました。

  すおう 主人.JPG
  宿主の周防さん。元気で気さくな方です。


●民宿島本
  [電話083-286-6252 下関市蓋井島67-2 一泊二食6,500円]
 その日の採れた海の幸に合わせて料理も工夫されるとのこと。
 ウニやサザエなどのほか、珍味カメノテが食べられるかも。
  島本 外観.JPG
  海のそばの白いお家

  島本 部屋.JPG

  島本 うに.JPG
  5月半ばまでウニ漁のシーズン。
  日中はウニ剥きの作業です。
 

●民宿上野
  [電話083-286-6247 下関市蓋井島54番地 一泊二食6,000円]
 島で採れるテングサを使った、プリプリのところてんが自慢。
 これを目当てに毎年通うお客さんもいらっしゃるとか。
 ところてんや「おきゅうと」づくりの体験も可能。希望なら海藻を干すところからでも。
  上野 外観.JPG

  上野 部屋.JPG

  上野 景色.jpg
  庭からの風景。青い海が望めます。


●民宿西
  [電話083-286-6275 下関市蓋井島77番地 一泊二食5,500円]
 宿主のおばあちゃんに料理は何がおいしいか聞くと、開口一番にイカのフライを勧められました。ほんとにおいしいとのことです。
 それから、品数が少ない時はサザエの天ぷらを出すそうです。本土とは常識が違う!(褒め言葉)
  西 外観.JPG
  赤い屋根の平屋が民宿です。

  西 屋内.JPG

  西 主人.JPG
  かつては島一番の海女だったと評判の宿主の西さん。


【蓋井島の見どころちょっとだけ紹介】

  灯台.JPG
  蓋井島灯台
   草や枝と格闘しながら山道を登って行くと白い灯台にたどり着きます。

  エミュー.JPG
  エミュー牧場
   島で飼育されているダチョウの仲間。
   牧場の門に近づくと寄ってきます。

  山の神 4の山.JPG
  山ノ神神事 神の森(四の山)
   6年に1度行われる神事の場所のひとつ。
   天然木で組まれた祠が神秘的です。
  

 他にも旧軍施設の跡などの見どころがあります。
 夏場は海水浴やバーベキューを楽しみに来るお客さんも多いとのこと。

 みなさん、ぜひ一度蓋井島の漁家民宿に泊まって、ゆっくり島を満喫してください! 
posted by 田舎体験 at 22:05| 日記

2013年04月10日

“田舎体験ガイド!!YAMAGUCHI”最新号(VOL.13、VOL.14)をアップしました♪

これからの季節のオススメ田舎体験情報をお届けします♪

新企画「やまぐち農林漁家民宿スタンプラリー」の情報も必見です!


 こちらのページから内容をご覧いただけます。↓
  http://www.yamaguchi-slow.jp/backnumber/index.html


【田舎体験ガイド!!YAMAGUCHI VOL.13】
 ●特集
   やまぐちの農林漁家民宿!
 ●やまぐち農林漁家民宿スタンプラリー
   〜田舎の民宿を巡って素敵な賞品を手に入れよう〜

  vol13.jpg


【田舎体験ガイド!!YAMAGUCHI VOL.14】
 ●特集
   自分でこねて、焼いて、食べるパンとスイーツな旅に出かけよう!
 ●田舎体験突撃レポート
   春の大地の恵みを少しだけいただきまーす。春の海で"旬"の野菜を収穫!
 ●旬の一押しメニュー
   待望の軽食サロンオープン!せせらぎ豆腐と地物野菜の定食をどうぞ!「大潮定食」
 ●田舎体験イベントカレンダー
  (4月〜5月)美味しい食べ物・豊かな自然。春の田舎に飛び出そう!
   森のマルシェ、船方農場の原っぱまつり 他

  vol14.jpg
posted by 田舎体験 at 15:04| 日記

2013年03月02日

青空の下、ダッチオーブンでパンを焼く!

01P1010533.JPG

 岩国市周東町獺越(おそごえ・うそごえ)、山あいの田園風景の中で営業している農家民宿「かじ屋」。
 ここでは、宿泊者のみが体験できる、ダッチオーブンを使った野趣あふれるパン作りが人気です。
 今回、経営者の豊島さんの畑で採れた小麦から製粉した自家製小麦粉と、同じく自家栽培野菜を使った、野菜パン作りを体験しました。

02P1010535.JPG
 里山と田んぼに囲まれた獺越地区。
 晴れ渡る空!

03P1010534.JPG
 かじ屋さんにやってきました♪

04P1010546.JPG
 今日お世話になります宿主の豊島さん御夫妻と記念写真。
 背景は豊島さんの麦畑です。今は麦踏みが終わったところだとか。

P1010444.JPG
 今日は、ニンジン入りしっとりパンを作ります。
 小麦粉は、豊島さんの畑でとれた「西の香り」。普通のパン用小麦粉のように膨らまないので、ちょっと変わったパンができるとのこと。
 ニンジンもタマネギも豊島さんが育てたものです。

P1010450.JPG
 ニンジンを1本すりおろします。かたくて大変。

P1010489.JPG
 材料をボールで混ぜ合わせます。

P1010500.JPG
 生地が出来上がったら、いよいよダッチオーブンの待つ屋外へ。  

P1010509.JPG
 外ではダッチーオーブンが熱々でスタンバイ中。

P1010518.JPG
 生地をオーブンの中に。
 熱くなってるので気をつけて!

P1010522.JPG
 蓋をしたら、蓋の上にも豆炭を敷いて熱量を確保。

P1010531.JPG
 しばし待つこと50分。 

P1010551.JPG
 蓋をあけると・・・

P1010553.JPG
アツアツ野菜パンの出来上がりで〜す♪

P1010557.JPG
P1010567.JPG
 オーブンからパンの入った器を取り出し、まな板に移して適度な大きさにカット。

P1010588.JPG 
 しっとりふわふわの生地の中に野菜の旨みが溶け込んで、とても美味しい!
 これは新感覚のパン!!

 ダッチオーブンを使うのは初めてでしたが、豊島さん御夫婦の指導をいただいて、おいしいパンができあがりました。
 焼きあがるまでの間に夫婦円満の秘訣を聞けたり、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
 豊島さん、ありがとうございました。

 皆さんも一度体験してみてはいかがでしょうか?


 ☆農家民宿「かじ屋」さんの情報はこちらから↓
   http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/41/
 
posted by 田舎体験 at 21:41| 日記

2013年01月31日

「農家れすとらん つつじ亭」でおいしい昼食をいただきました!

 萩市明木の「農家れすとらん つつじ亭」に行ってきました。

  P1120828 L.jpg
 お店は国道262号沿いにあります。

  P1120829 L.jpg
 ここは地元農家のおかあさんグループが切り盛りされているレストランで、
地元食材を使った日替わり定食が人気です。
 お昼時には、いつもお客さんで席が一杯になります。

  P1120822 L.jpg
 日替わり定食をお願いしました。
 値段は550円。今日のおかずはとんかつでした。
 おかあさん方の工夫と真心のこもった料理で、とてもおいしかったです。


 「農家れすとらん つつじ亭」の情報はこちらもご覧ください。
  http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/2/
posted by 田舎体験 at 18:49| 日記

2013年01月07日

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 先年は多くの皆さまに当「やまぐちスロー・ツーリズムWeb」をご覧いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

 当サイトでは、今年も引き続き、山口県内の田舎体験情報を皆さまの元に発信してまいります。

 今後とも引き続き「やまぐちスロー・ツーリズム」をよろしくお願いいたします。


 DSCF5000 L.JPG
posted by 田舎体験 at 14:50| 日記

2012年10月15日

きらら物産・交流フェア2012に出展しました。【やまぐち元気!むらまち交流推進協議会】

CIMG3221 △ 小.jpg
 10月13日(土)〜14日(日)、山口市阿知須の山口きらら博記念公園にて開催された「きらら物産・交流フェア2012」において、「やまぐち元気!むらまち交流推進協議会」(以下、「むらまち協議会」)でブース出展。「やまぐちスロー・ツーリズム」の情報発信をしました。


IMG_2266 小.JPG
 「きららドーム」。ここが会場となります。

P1120263 小.JPG
 むらまち協議会のブース。
 今回は、田舎体験のできる協議会会員施設などを紹介する「やまぐちスロー・ツーリズム」のPRコーナーと共に、山口市徳地「重源の郷」さんのご協力をいただき、機織り体験コーナーを設置しました。

P1020257 小.JPGP1020219 小.JPG
 開催時間になると、多くのお客さんで会場がいっぱいに。

P1120274 小.JPG
 「重源の郷」の小嶋さん。
 機織り体験でお客さんに作っていただく、コースターの見本を織っています。

CIMG3222 小.jpgCIMG3219△ 加工 小.JPG
 大人から子供まで、たくさんの方が機織り体験をされました。
 40分ほどで、自分だけのコースターができあがりです。

CIMG3231△ 小.JPG
 10月15日時点で、ゆるキャラグランプリ第2位につけている「ちょるる」にも、PRに一役買ってもらいました。
 1位目指して頑張ってね!


 今回のきらら物産・交流フェアも大盛況のうちに終わり、むらまち協議会ブースにもたくさんの方がいらっしゃいました。
 来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 これからも「やまぐちスロー・ツーリズム」をよろしくお願いします。
 

(お知らせ)
 「重源の郷」では、今回と同じ機織り体験のほか、そば打ちや紙すきなど、いろいろなもの作り体験ができます。
 会場で体験できなかった皆さん。ぜひ「重源の郷」に遊びに来てくださいね。

 「重源の郷」の情報はこちらから↓
 http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/44/
posted by 田舎体験 at 19:41| 日記

2012年09月27日

きらら物産・交流フェア2012で機織り体験してみませんか?

IMG_1987 s.jpg

 10月13日(土)〜14日(日)に、山口市阿知須の山口きらら博記念公園にて、「きらら物産・交流フェア2012」が開催されます。

 会場「きらら元気ドーム」内の「やまぐち元気!むらまち交流推進協議会」のブースでは、機織り体験をお楽しみいただけます。
 自分だけのコースターを作ってみませんか。

 そのほか、魅力あふれる県内各地の田舎体験の情報を皆様にご提供しています。

 皆さまのお越しをお待ちしています!


 ↓「きらら物産・交流フェア2012」の詳しい情報はこちらです↓
  http://www.kirara-bussan.com/
posted by 田舎体験 at 11:39| 日記

2012年09月03日

海外からの研修生が、阿武町でのグリーン・ツーリズムの取組を視察のため来訪。

 8月30日、阿武町を会場にJICAの研修が行われ、アフリカや南米の政府機関の職員など9名の方たちが、「持続可能な観光開発」をテーマに、阿武町でのグリーン・ツーリズムの取組を視察しました。
 「普段見慣れた風景でも、観光資源になりうる」ということを実地に学びます。
 この日、筆者も一行に同行させてもらいました。

IMGP6078.JPG
 阿武町道の駅に到着。
 ここから、阿武地域グリーン・ツーリズム推進協議会の方々の説明で、奈古の街を歩きました。

IMGP6082.JPG
 日干し中のテングサ。置いておいても盗っていく人は誰もいませんとの説明。

IMGP6090.JPG
 漁船も海のない国では珍しいもの。

IMGP6093.JPG
 漁港の側には、海の潮位に応じて水位の変わる井戸もありました。もちろん真水!不思議!

IMGP6102.JPG
IMGP6104.JPG
 元造り酒屋のお屋敷に入れてもらいました。
 中庭や離れが人気でした。

IMGP6115.JPG
 奈古の町を歩く一行。町の人から注目されてました。

IMGP6118.JPG
IMGP6121.JPG
 浄土宗法積寺。江戸時代の地獄絵図について西村住職のお話をうかがいました。
 「閻魔大王が…」「煩悩を表し…」「地蔵盆に集まって…」。通訳の方は大変そう。

IMGP6130.JPG
 今も現役の鍛冶屋さん。80歳を超えてもお元気です。

IMGP6137.JPG
 萩ケーブルが一日密着取材です。

IMGP6138.JPG
 阿武町役場に到着。

IMGP6145.JPG
 ここからは座学になります。
 阿武地域グリーン・ツーリズム推進協議会の白松さんから、「魅力ある観光コースはどこでも演出できる」をテーマに講義がありました。
 講義後は研修生から積極的に質問が出ていました。

IMGP6149.JPG
 現地産のスイカを食べるのもグリーン・ツーリズムの一環です。

IMGP6150.JPG
 最後に萩ケーブルの質問取材を受ける研修生さん。右手前の女性は通訳の方。

IMGP6153.JPG
IMGP6157.JPG
 宿所移動の途中、海辺でリラックス。
 この晩は近隣の農林漁家民宿に宿泊することになっています。
 皆さんお疲れさまでした。


 研修生の皆さんは、8月上旬に入国され、9月末まで広島を中心に滞在されるとのこと。
 帰国後それぞれの国での取組に、今回の視察が良いヒントになれば良いですね。

posted by 田舎体験 at 16:38| 日記

2012年08月06日

夏の油谷湾でシーカヤックにチャレンジ!

 夏はやっぱり海!ということで、8月4日(土)初心者8人でシーカヤックに挑戦しようと、長門市油谷の「ボニーベイ・シーカヤックセンター」にやってきました。

ここは伊上海浜公園オートキャンプ場に併設の公共のシーカヤック体験施設です。
初心者でも親切に指導してもらえます。


IMGP5907.JPG
海辺に建つセンター建物 

IMGP5909.JPG
「ボニーベイ・シーカヤックセンター」

IMGP5911.JPG
倉庫には各種カヤックが揃ってます。

IMGP5915.JPG
青い空、透き通る海、熱い日射し。今日はやるぜー!

IMGP5919.JPG
まずは救命胴衣装着の説明を受けます。

IMGP5921.JPG
スタイルはバッチリ。

IMGP5926.JPG
今日は二人乗りカヤックに挑戦。
一艘40kg!海で下手に当たると肋骨が折れるとのこと。

IMGP5929.JPG
指導者の洲澤さん。

IMGP5933.JPG
みっちり講習を受けます。

IMGP5947.JPG
「前の人から乗って前の人から降りる。」

IMGP5961.JPG
二人一組で搭乗

IMGP5963.JPG
押してもらって

IMGP5965.JPG
いざ出発

IMGP5977.JPG
続けて出発。沖に出るのは一度に2艘まで。

IMGP5983.JPG
おちるなよー

IMGP5979.JPG
浜から見守るメンバー。「こうやって..」

IMGP5987.JPG
無事帰還

IMGP5992.JPG
別の組。いい調子です。

IMGP5997.JPG
「気持ちイイー!」

IMGP6000.JPG
片付けの後は潮を落として終了。

IMGP6002.JPG
いっぱい楽しみました!


 この日は雲ひとつない快晴。海も透明で、きれい!の一言。海の上は開放感にあふれ、それはそれは爽快な一日でした。
 指導してくださった洲澤さんはじめスタッフの方々、どうもありがとうございました。


 ボニーベイ・シーカヤックセンターの情報はコチラから↓
  http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/34/
posted by 田舎体験 at 15:47| 日記

2012年05月16日

体験型修学旅行のシーズンインです。

DSCF0575.jpg
DSCF0565.JPG

 5月です。今シーズンの「体験型修学旅行」の受入れが周防大島町で始まりました。

 「体験型修学旅行」とは、旅行先の農家や漁家などに泊まり、その家の家業や土地の行事などの体験を通じて地元の人々と交流するという、最近注目の修学旅行です。
都会ではなかなかできない体験ができるので、生徒さんの評判も良く、関東、関西を中心に多くの学校が山口県を訪れています。


 今シーズン初めての学校は大阪府の港南中学校です。
 5月9日、10日の周防大島町での体験旅行を見学させてもらいました。(勝手な取材はNGです。)

DSCF0552.JPG
5月9日 入村式の会場 周防大島町東和総合センターです。

DSCF0559.jpg
生徒さんと受入れ家庭のみなさん。あいさつされているのは岡村副町長さんです。

DSCF0563.JPG
車に乗ってそれぞれの受入れ家庭に移動します。

DSCF0577.JPG

DSCF0579.JPG
さっそく田舎体験へ。漁船に乗って出漁!

DSCF0581.JPG
釣果を記念撮影。端で御主人が魚をさばいています。

染物 ペイント版.jpg
染物工房への宿泊グループ。きれいに染め上がりました。

DSCF0594.JPG
釣りの手ほどき。

DSCF0595.jpg
先生方と一緒に各家庭を巡回しました。昔ながらの漁村の宿へ。

CIMG2650.JPG
5月10日 離村式。
生徒さん代表あいさつを、受入れ家庭の皆さんと一緒に聴きます。

涙ぐむ ペイント作成版.jpg
涙ぐむ生徒さん。

CIMG2677.JPG
手を振ってお見送りです。

CIMG2681.JPG
また来てくださいね!

今シーズンは岩国市山代地域や、萩市でも体験型修学旅行の受入れが予定されています。
たくさんの生徒さんに思い出に残る良い体験をしてほしいですね。

(都合により一部写真の解像度を下げています。ごめんなさい。)

posted by 田舎体験 at 17:11| 日記

2012年05月01日

「やまぐち田舎遊びBOOK 2012」を片手に田舎体験に出かけよう!

表紙小.jpg

「やまぐち田舎遊びBOOK 2012」を県内各所で配布開始しました。
今年のBOOKも、やまぐちの田舎を大いに楽しむための情報が満載です☆


◆やまぐちスロー・ツーリズムのすすめ!
 見るだけじゃない!食べるだけじゃない!
 田舎ならではの交流体験プログラムにチャレンジ!

0102小 .jpg


◆農林漁家民宿に泊まってみよう!
 心安らぐ田舎暮らしや、漁師まちの風景を堪能できる農林漁家民宿。
 自然や食べ物、そしてそれを守る人の大切さに改めて築くこの体験は、きっと、みんなの意識を変えてくれる!

0304小.jpg


◆スロー・ツーリズム施設ガイド
 スローな体験を満喫できる県内施設を網羅!

0506小.jpg



◎やまぐち田舎遊びBOOK 2012」は、県内の観光案内所、道の駅、大型商業施設、県庁刊行物センター等で配布中です。
 数に限りがありますので、品切れの場合はあしからず御了承ください。
posted by 田舎体験 at 17:38| 日記

2012年03月22日

農家民宿「和楽の里」でワラゾウリを作りました。

 2012年やまぐちスロー・ツーリズムの旅 第4弾!
 今回は、岩国市周東町の農家民宿「和楽の里」に行ってきました。
 こちらでは、宿泊はもちろん、ランチ(1,000円)やじゃがいものオーナー畑や農作物の収穫、ワラ細工、竹細工などの体験があります。
 今回はワラゾウリの作成の様子をご紹介します。

 体験の前に、腹ごしらえ。田舎料理ってみなさんどんなイメージでしょうか??
 和楽の里のランチは、彩り鮮やかなんですよ♪もちろん味は里の旨みたっぷりです♪
 ちなみに、今回の私の絶品は天ぷらに添えてある金柑の甘露漬けです。これを噛むと甘さがしみこんだ果汁がジワーっと出てきます♪オーナーの藤森さんの手間暇かけた一品です☆

waraku1.JPG

 では、お腹いっぱいになったところでゾウリづくりスタート!
 最初に芯になる縄を作って、台にかけます。この芯に交互にワラを通していっては折り返す作業を続けます。

waraku2.JPG

waraku3.JPG


 足のサイズを考えて真ん中くらいまで進んだら、鼻緒になる部分をつくります。
 これが最初の難所です。上手くできないときは藤森さんに交代しながら進みます。
waraku4.JPG
waraku4-2.JPG


 再び芯に交互にワラを通していって、足のサイズまで進んだら芯を引っ張ってワラを締めます。
waraku5.JPG

 最後に鼻緒を結びます。この作業が美しく見せる重要な工程です。だから一番難しい。
waraku5-2.JPG

 完成☆なかなかの力作!
 ちなみに少し小さめに作れば、使っていく間に足に馴染んでジャストサイズになるそうです。
waraku6.JPG

 体験の後は、お茶して体験談義に花を咲かせました。
waraku7.JPG


農家民宿「和楽の里」についてはコチラから↓
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/49/
posted by 田舎体験 at 12:01| 日記

2012年03月13日

下関市豊田町産の大豆でホッカホカ豆腐づくり!

 2012年やまぐちスロー・ツーリズムの旅 第3弾!
 今回は、下関市豊田町の「豊田農業公園みのりの丘」に行ってきました。こちらでは、ぶどうや梨などの果樹畑やホウレン草、大豆などの畑、特産品販売所、食堂、蕎麦打ちや豆腐づくりが体験できる加工体験室などが備わっています。今回は豆腐づくりの模様をご紹介します。

minori.JPG

 最初に、大豆と水をミキサーにかけて強火で煮ます。

minori1.JPG

minori2.JPG

 
 次に、布の中に材料を入れて、こし器で豆乳を搾り出します。搾った布の中には“おから”が登場!

minori3.JPG

minori4.JPG

minori5.JPG


 豆乳を湯煎にかけて混ぜながらにがりを投入!
 このにがりの量とタイミングがポイントみたいです。
 徐々に固まってきて“絹ごし豆腐”の出来上がりです♪♪

minori6.JPG

minori7.JPG

 この絹ごし豆腐をガーゼを敷いた木枠に入れて重しで水分を抜いたものが“木綿豆腐”♪♪

minori8.JPG

 こうして作られた出来たての豆腐はふんわりホッカホカ☆
 味はもちろん、特に風味がバツグンです!


 豆腐を作り終えてまず思ったこと。それは、
「豆腐づくりってほとんど捨てるものが無いんだなぁ」
 っていうことでした。
 つまり、体に良くて、地球にも優しいということでしょうか☆

 ちなみに豊田農業公園みのりの丘の特産品販売所では、体験で使用している大豆・にがり・こし器を購入することができます。

minori9.JPG

 「豊田農業公園みのりの丘」の情報はコチラから↓
  http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/16/

posted by 田舎体験 at 14:17| 日記

2012年01月31日

森に囲まれた石窯でピザづくり



 2012年やまぐちスロー・ツーリズムの旅 第2弾!
 今回は、美祢市大嶺町の「森の駅」に行ってきました。ご主人は林業や建築を生業とされていて、いろいろな木材がこちらにはあります。

 さて、森の駅では石窯ピザや釜戸ごはん、バームクーヘンなどを作って、ログハウスや森の中で食べることが出来ます。
 今回は、この石窯で焼くピザづくりに挑戦した模様をご紹介します。

piza1.JPG

 まずは、強力粉や薄力粉、水、砂糖、ドライイーストなどを混ぜ、発酵させてピザ生地を作ります。なお、発酵の待ち時間に周りの森へ散策や季節によってはキノコ狩り、山菜採りが楽しめます。

piza0.JPG

 米粉を使った生地づくりなどもリクエスト可能です。いろいろ試して、自分のお好み生地を見つけてみましょう。

kamado3.jpg


 発酵が終わった後は、生地をめん棒でのばし、プレートの上に置いたら、森の駅自家製のピザソース、チーズ、キノコ、ベーコン、野菜をトッピングします。どんな具合に焼けるのでしょうか??
piza2.JPG

 では、いよいよ石窯の中へ入れます!
 400度近く上昇している石窯の中で、あっという間に生地はパリパリ、チーズはトロトロに!
 生地の香ばしさと薪と一緒に燃やしている桜の木偏のイイ匂いが石窯を囲みます。

piza5.JPG

 出来たてピザを森の駅のオーナー夫婦と一緒に頂きます。
 アツアツの出来たてピザ3枚が瞬く間にお腹の中に入っていきました。

piza3.JPG


 なお、釜戸でのご飯炊きはこのような様子です。竹を使って息を釜戸の中へ吹き込みます。
 子どもってこういう火を使った体験が大好きですよね〜。

kamado1.jpg

kamado2.jpg

 
 

 美祢市大嶺町「森の駅」の情報はコチラから↓
  http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/46/

posted by 田舎体験 at 11:06| 日記

2012年01月13日

萩市須佐の漁家民宿「遊縁」でランチ。


 2012年の最初のスロー・ツーリズムの旅は、萩市須佐の漁家民宿「遊縁(ゆえん)」に行ってきました!
 須佐といえば・・・イカですよね〜♪
 私のイカ好きは、以前“萩・魚まつり”へ行った様子をご紹介した際にも書きましたが、今回もイカ好きには堪らないランチをご紹介します。

 漁家民宿「遊縁」では宿泊はもちろん、お昼にはランチが楽しめます。
 ランチの内容はコチラ。

yuen1.JPG


 お盆にズラッと並ぶ手間暇かけた料理が入った小鉢に加えて、この新鮮な刺身!
 この日は、キラキラと光輝くピチピチのアジ!サザエ!そしてイカ!が並びます。

 まずは、コリコリの刺身をホカホカ&ツヤツヤのご飯と一緒に食べます。このご飯も美味い!
 お代わり自由なのでペース配分なんて気にせずドンドンご飯も進みます。
 揚げ物、白和え、塩辛、煮物など小鉢の料理の味付けも最高です!

yuen2.JPG


 最後は、遊縁のおかあさん手作りのデザートでランチを締めます。

yuen3.JPG


 この遊縁おかあさんとの会話がとても面白く、時間があっという間に経ってしまい・・・11時半くらいにお店に入ったのに、会計の時間は2時を過ぎていました・・・。

 目の前が湾になっているので、綺麗な海の景色も楽しめます。ランチも良いですけど、是非宿泊も計画して、足を運んでくださいね。

 たいへん人気ですので、電話での確認と予約をオススメします。


 漁家民宿「遊縁」の情報はコチラから↓
  http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/35/

posted by 田舎体験 at 18:34| 日記

2011年10月28日

美東でゴボウを掘ってみとうない?


 気温が下がり、秋も深まってきました。
 秋野菜の収穫も本番真っ直中なのではないでしょうか。

 今回は、美祢市美東町の宿泊施設「ほっとビレッジ美東」の収穫体験をご紹介します。
 収穫ガイドは「ほっとビレッジ美東」の中屋さんです。中屋さんの説明によると…
 「収穫体験の畑はカルスト台地にあって、土壌は長い年月をかけて石灰岩が溶け酸化して赤土の中に含まれています。これの影響でサラサラ&フカフカの土壌になっているんです。」
 とのこと。確かに畑を歩くと畝※の谷間でもフカフカで靴が沈みます。
 (※畝[うね]:作物を植えつけたり種をまいたりするため、畑の土を幾筋も平行に盛り上げた所。)

dorine1.JPG



 では、収穫へ!まずはゴボウを掘ります。美東ゴボウは柔らかさと風味がウリでブランドなんですよね〜。
 最初は、ゴボウを傷つけないようにクワで畝を崩していきます。優し〜く。畝の片面くらいを崩したら、ゴボウのすぐ側に棒を差し込んで抜きやすくします。後は、折らないようにまっすぐゆっくり引き抜くだけ!抜ける瞬間って意外と気持ちイイんですよ♪

gobou1.JPG


gobou2.JPG

 次は、サツマイモを収穫。“芋づる式”なんて言葉がありますが、どんどん出てくる出てくる!
 サツマイモの収穫は農業体験初心者の方にオススメですね〜!11月に入ればもっと太ったサツマイモが収穫できますよ!
satsumaimo1.JPG

satsumaimo2.JPG


 他には、落花生や里芋、ウコンなどが栽培されています。バラエティ豊かな収穫体験が味わえます。
 ウコンの葉っぱと実です。全体的にショウガに似ています。肝臓の機能補助にお世話になっている人も多いのでは?!
ukon1.JPG

ukon2.JPG

 こっちはサトイモです。大きな葉っぱの下にはどれだけ大きな実が付いているのでしょうか??
 是非、ご自分で掘って確認を!
satoimo1.JPG

 これらは基本料金500円で収穫体験ができます。収穫した野菜の種類と量に応じて別途買上というシステムです。
 「ほっとビレッジ美東」は秋吉台サファリパークの近くにあって、道路沿いには柿の木がズラ〜ッと並んでいます。この柿の木が並ぶ景色も珍しいので要チェックです!

 ほっとビレッジ美東の情報はコチラから↓
  http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/36/

 
posted by 田舎体験 at 14:55| 日記

2011年10月12日

第16回萩・魚まつりに行ってきました

 
 10月9日(日)、萩市にある山口県漁協萩地方卸売市場&道の駅しーまーとで開催された第16回萩・魚まつりに行ってきました。ちなみに購入目標は剣先イカとサザエです。
 9時30分のスタートに間に合うように出発したのですが、当日は国体の卓球も開催されていたため萩市内へ向かう車が多く、国道262号は道の駅萩往還あたりから渋滞・・・。到着したのは10時前で、会場はすでに鮮魚の即売ブースに並んで待つ人、お魚つかみどりのスタートを待つ子どもと父兄などたくさんの人で溢れていました。

sakana1.JPG



 10時過ぎに開会セレモニーが終わり、予定されていたプログラムがスタート。
 私は、第一目標の剣先イカを手に入れるため鮮魚の即売コーナーに並びました。剣先イカは生け簀の中を元気に泳いでいて、活きの良い状態で購入することが出来ました。

sakana4.JPG   sakana5.JPG



 そして、第2目標のサザエへ。ちなみに鮮魚の即売コーナーは漁業の支店ごとに陳列・販売されていたのですが、人が多くてサザエがどこに置かれているのかなかなか見えず・・・やっとの思いで購入できました。サザエは一個一個が大きくて重さも十分!人が多くてサザエや他の魚の陳列が写せなかったのが残念です。

sakana2.JPG   sakana3.JPG



 買い物の後は、無料試食コーナーへ。
 お刺身の無料試食では、30分並んだ甲斐あって新鮮な剣先イカと瀬付きアジを堪能!剣先イカは甘〜く、瀬付きアジもコリコリした歯ごたえで美味いッ!
 また、萩の醤油が萩の魚にマッチするんですよね〜。魚の旨みを一層引き出してくれます。

 なお、地魚串の無料試食もあったのですが、残念ながら列が長すぎて並ぶのをあきらめ、炭火焼きの臭いでガマンしました。

 その後は、会場をブラブラして帰路へ。
 
sakana8.JPG   sakana6.JPG



 そして、夕方は自宅でバーベキュー!
 ササッと火を起こし、買ってきたサザエを網の上に乗せて焼いていきます。
 もちろんサザエに垂らす醤油は萩の醤油です。

 なお、剣先イカはお刺身でいただきました。

 漁村の味覚、ごちそうさまでした☆

sakana10.JPG


posted by 田舎体験 at 14:34| 日記

2011年09月14日

道の駅・さんさん三見で萩市の恵みをいただきま〜す

 9月23日(金)に全線開通した萩・三隅道路。明石ICにある道の駅「萩・さんさん三見」に、地元の農水産物を取り扱った直売所と萩市の海の幸・山の幸を使用したレストラン「鯖島食堂」があります。レストランは地元の漁協女性部が中心となって運営されているため、多くは水揚げされて間もない魚が使用されています。


 道の駅に到着して、まず目を見張るもの。それは絶景の日本海を見渡せるロケーション!青い空と澄んだ海。沖には相島や尾島のほか、レストランの名前にもなっている鯖島が見えます。
sanmi1.JPG


 数あるメニューの中でも一番のオススメは、萩市沖で獲れたヒラソ(ヒラマサ)、タイ、イカそして旬の魚の4種類の刺身が並ぶ「日本海定食」です。どの魚も味、鮮度は抜群、特にヒラソは口に入れたら溶けるくらい良い具合に脂がのっています
sanmi4.JPG



 次はオススメ2品目の「アジにぎり定食」です。朝、目の前の鯖島で獲れたばかりのアジが握られていて、噛むとプリプリした食感の後に甘さがジワーっと広がっていきます。
sanmi5.JPG>




 オススメ3品目は、パンにレタス、トマト、タルタルソース、そしてアジフライを挟んだオリジナルの「アジバーガー」です。しっかりアジの旨みが楽しめるヘルシー感満点のバーガーです。土日祝限定販売です。
sanmi3.JPG>




 では、最後に鯖島食堂でおいしい料理を調理している地元の漁協女性部のみなさんからメッセージです。



 萩市の海の幸・山の幸にこだわりと自信を持って、調理しています。
 “道良し!景色良し!料理良し!”と3拍子揃った道の駅「萩・さんさん三見」へ是非足を運んでくださいね!
sanmi2.JPG>



posted by 田舎体験 at 14:05| 日記
カテゴリ
日記(76)