2011年09月14日

道の駅・さんさん三見で萩市の恵みをいただきま〜す

 9月23日(金)に全線開通した萩・三隅道路。明石ICにある道の駅「萩・さんさん三見」に、地元の農水産物を取り扱った直売所と萩市の海の幸・山の幸を使用したレストラン「鯖島食堂」があります。レストランは地元の漁協女性部が中心となって運営されているため、多くは水揚げされて間もない魚が使用されています。


 道の駅に到着して、まず目を見張るもの。それは絶景の日本海を見渡せるロケーション!青い空と澄んだ海。沖には相島や尾島のほか、レストランの名前にもなっている鯖島が見えます。
sanmi1.JPG


 数あるメニューの中でも一番のオススメは、萩市沖で獲れたヒラソ(ヒラマサ)、タイ、イカそして旬の魚の4種類の刺身が並ぶ「日本海定食」です。どの魚も味、鮮度は抜群、特にヒラソは口に入れたら溶けるくらい良い具合に脂がのっています
sanmi4.JPG



 次はオススメ2品目の「アジにぎり定食」です。朝、目の前の鯖島で獲れたばかりのアジが握られていて、噛むとプリプリした食感の後に甘さがジワーっと広がっていきます。
sanmi5.JPG>




 オススメ3品目は、パンにレタス、トマト、タルタルソース、そしてアジフライを挟んだオリジナルの「アジバーガー」です。しっかりアジの旨みが楽しめるヘルシー感満点のバーガーです。土日祝限定販売です。
sanmi3.JPG>




 では、最後に鯖島食堂でおいしい料理を調理している地元の漁協女性部のみなさんからメッセージです。



 萩市の海の幸・山の幸にこだわりと自信を持って、調理しています。
 “道良し!景色良し!料理良し!”と3拍子揃った道の駅「萩・さんさん三見」へ是非足を運んでくださいね!
sanmi2.JPG>



posted by 田舎体験 at 14:05| 日記

2011年08月12日

萩市見島で“鬼楊子(おにようず)”づくり

 萩市から北に約45q先の沖合にある見島に行ってきました!萩港から高速船「おにようず」で約70分の航海。ちなみに瀬戸内育ちの私としては、瀬戸内海以外の渡船に乗ったのは初めての経験です。

 さて、見島本村港に到着したら、港近くの総合センターへ移動。総合センターに入ると見島沖で行われる萩クロマグロトーナメント第11回大会優勝者の松方弘樹さんのパネルと釣竿が飾ってありました。大迫力ですね〜★
P1110429.JPG

 それでは、講師に教わりながら“鬼楊子(おにようず)”づくりに挑戦!この“鬼楊子”は長男が生まれた家が親戚などの協力の元、誕生を祝福し成長を祈るために作成して揚げるという見島の伝統の一つなのです。
 最初に、予め和紙に書かれた鬼の顔に涙を塗っていきます。目の周りの緑色の部分です。これは「鬼の目にも涙」という意味がこめられているそうです。涙を塗ったら、牙の部分に作成者のサインを入れます。


P1110401.JPG

 次に、5本の竹ひごを骨にして裏面に貼っていきます。対角線に貼る2本の竹ひごのバランスと凧糸が引っ掛かるようにそれぞれ5oくらい端を出すのがポイントだそうです。最も重要な工程です!

P1110402.JPG


 続いては、たてがみと紅白の尾を貼っていきます。ちなみに、“鬼楊子”づくりはどの工程も左から作業をしていくのが基本とのこと。尾も左から貼るので左尾が前にきます。
 次は、目に飾りを付けます。紐を通して竹ひごに結ぶのですが、少し余裕を持たせて結ぶと見栄えがイイみたいです。
P1110408.JPG

 最後に、横骨が反るように糸を張り、上2箇所と中央に凧糸を結んで完成!完成品は持ち帰って和室に飾っています。結構しっくりきてます。

 なお“鬼楊子”づくりの後は、見島の海の幸をたっぷり堪能しました。特に生うにの甘さは最高でした。
 伝統文化と海の幸、そしてスローな時間を味わえる萩市見島。山口県最北端での田舎体験!離島編でした。
 鬼楊子づくりに関するお問い合せはこちら。クラブノア見島
posted by 田舎体験 at 10:35| 日記

2011年08月04日

田舎体験ガイドYAMAGUCHI vol.10をチェック!

 田舎体験ガイドYAMAGUCHI vol.10を発行しました。
今号の構成はこちらです!

P1110360.JPG

◆「特集 〜やまぐち涼めぐり〜」

 前回のブログに掲載した岩国市のシャワークライミングと美祢市の秋芳洞や別府弁天池での“冷涼”体験を紹介。「行ってみないと!やってみないと!分からない気持ち良さ」をお伝えしています。

DSCF4085.JPG
P1090255.JPG



◆「田舎体験突撃レポート」

 山口市阿東の船方農場でシャーベット作りに挑戦しました。農場の広〜い草原を見ながら、作りたてのシャーベットを食べる。何とも美味しいひとときです。

P1110070.JPG


◆「旬の一押しメニュー」

 山口市徳地の山里農産加工販売所の山里定食を紹介しています。山里農産加工販売所では、手打ちそばや手作り豆腐が味わえる山里定食の他に、隣接の特産品販売所でも地元の味を堪能できます

P1110141.JPG




田舎体験ガイドYAMAGUCHI vol.10は、道の駅などに置いています。また“やまぐちスロー・ツーリズム”のホームページでもご覧頂けます。是非チェックして、足を運んでみてください☆ 
posted by 田舎体験 at 13:48| 日記

2011年07月06日

シャワークライミングで“涼”リフレッシュ

 岩国市美川町にてシャワークライミング(沢登り)を体験しました。

 現地で12年のキャリアを持つ(有)山口アウトドアスポーツネットワークの和田浩さんにガイドをお願いしてチャレンジ。ウエットスーツやヘルメット、靴底がフェルトのシューズなど万全な装備でいざ渓流へ!道路から渓流に降りてみると、大きな岩に囲まれて普段見ることのない景色にワクワク感が上昇!水温は適度に冷たく夏場にはピッタリです。

 渓流をどんどん上流へ進んでいくと、大きな岩をクライミングするポイントや川幅が狭く流れが速くなっているポイントなど変化に富んでいて、体はもちろんですが頭も使いながらポイントをクリアしていきます。このコースのゴール地点には高さ10メートルを超える滝が待ち構え、体験した日の一昨日が大雨だったこともあり、相当な水量が流れ落ちていました。ここでは、滝壺へ飛び込んだり、滝をくぐって裏側へ行ったりといろいろなアクションが楽しめました。また、下流へ戻る途中にも違うコースのポイントを楽しみながら集合場所へ戻り、あっという間の2時間が過ぎていきました。

 ガイドの和田さんによると、シャワークライミングは9月いっぱいがベストシーズンということ。シャワークライミングは“体を動かして楽しみながら涼をとる”心身ともにリフレッシュ出来る夏にもってこいの体験です☆



P1110140-2.JPG
準備万端!いざシャワークライミングへ!

DSCF4075-2.JPG
こんな狭い水の中は、流れが速く大人でも簡単には進めません。

DSCF4024-2.JPG
迫力満点な滝!!滝つぼへダイブ!!

DSCF4054-2.JPG
ゆったりした流れのポイントでは、ライフジャケットの浮力で水面をプカプカ漂えます。

これホントに気持ちイイんです!今回のお気に入り☆



DSCF4095-2.JPG
戻る途中にあるダイブポイントから。水深も十分あって安全ですが、水が透きとおっているので余計高く感じて躊躇してしまうかも。


posted by 田舎体験 at 17:14| 日記

2011年06月13日

「和楽の里ブログ」がスタートしました!!

 岩国市周東町にある「農家民宿 和楽の里」が5月からブログをスタートしています。

 ブログ内では、開業3年目を迎えた和楽の里の様子を情報発信中。農家民宿の様子や季節のイベントの他にも畑オーナーをはじめ、農作物の収穫など民宿で体験できる体験メニューの様子もアップされています。

 和楽の里は、山の中腹にポツリとあって、朝は雲海、夜は満天の星空に包まれます。昔ながらの農家の佇まいは、懐かしいおばあちゃんの家そのものです。農作物収穫の他にも星空観察や竹細工の工作、餅つくり体験などたくさんの体験メニューが用意されています。

 ブログで民宿の様子や周辺の四季の移ろいをチェックして、足を運んでみてくださいね。


ブログはこちら      http://warakunosato.blog.fc2.com/
スローツーHPはこちら  http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/49/

41.jpg
和楽の里の周辺には実り豊かな田畑が広がっています。

43.JPG
宿主の藤森さんたちがあたたかく迎えてくれます。

42.JPG
心落ち着く座敷で旬のものを食べながら会話も弾みます。
posted by 田舎体験 at 13:26| 日記

2011年06月08日

中学生が農業体験で交流!

 今日は、萩市むつみ地域で大阪からの中学生が農業体験を行いました。
 最初にむつみ中学校でオリエンテーションを受けた後、班に分かれてそれぞれの農場へ移動し、むつみ中学校の生徒と交流しながら農業を体験しました。体験メニューは、むつみ地域特産の大根の収穫をはじめ、田植え、乳牛飼育、林業体験、農産加工とバラエティに富んでいます。今回は大根の収穫と乳牛飼育の現場へ体験の様子を見学して来ました。

 大根の収穫では、大根畑が広がる千石台で大根一本一本を手作業で丁寧に引き抜いていきました。引き抜いた大根の太さに歓声をあげながら、何十メートルもある6本の畝をむつみ中学校の生徒と協力して収穫を楽しんでいました。

 乳牛飼育の牧場では、生で牛を見るのも初めてという生徒達が担当者の説明を真剣に聞いて搾乳作業に取り掛かりました。最初は、恐る恐る乳を搾っていた生徒達も徐々に慣れてリズム良く搾っていました。また搾乳の他にも飼料になる草を刈って食べさせるなど牛とたくさんふれ合い、お昼の放牧の際には、牛舎から走って外に出る牛を見て歓声があがっていました。

 どちらの会場もむつみ中学校の生徒と和やかに交流して、楽しく充実した体験になったようです。


P1050081-2.JPG
一本一本丁寧に抜いていきます。

P1050085-2.JPG
「めっちゃ、太!」

P1050091-2.JPG
ギュ〜、ギュ〜。やさしく、やさしく。

P1050134-2.JPG
「たくさん、食べてや〜」
posted by 田舎体験 at 16:12| 日記

2011年05月11日

体験型修学旅行がシーズンイン!

 気候が穏やかなこの時期は、修学旅行へ行く学生の団体をよく見かけます。近年では、農山漁村での収穫体験や民家へのホームステイなどをプログラムにした体験型教育旅行を修学旅行に取り入れる学校が増加しています。
 県内では岩国市、萩市、長門市、周防大島町、阿武町にある7箇所の地域が、体験型教育旅行の受け入れに奮闘しています。このうち、周防大島町が4月27、28日に今年最初として滋賀県の中学校を受け入れました。
 27日の午後から28日の正午までホームステイ先の民家で釣りや野菜の収穫など家業を体験し、釣った魚や収穫した野菜は夕食や昼食で調理して周防大島の自然の恵みをお腹一杯に味わいました。
 一泊二日の日程ですが、受け入れ民家での貴重な体験と心温まる交流を通して、周防大島町が第二のふるさとになればいいですね。


P1040616.jpg
名残は尽きませんが、握手でお別れです。

P1040628.jpg
みんなのこと忘れんよ。また来んさいね!いつでも待っちょるよ。

P1040633.jpg
バスが見えなくなるまで、みんなが手を振って再会を願いました。
posted by 田舎体験 at 14:03| 日記

2011年03月28日

下松市に農家民宿「仙郷の宿 谷の風」がオープンしました!

神秘的な渓流沿いの小道をたどると、谷間に集落が!風はさわやかに舞い、谷川のせせらぎ、鳥たちのさえずりがゆっくり過ぎる時を知らせます。霧に濡れた青葉が空を指す、民家から一筋の煙があがる、そんな田舎の原風景が広がる、懐かしくて、離れたくない場所。

top-2.jpg
落ち着いた古民家を活用した農家民宿

ryouri.jpg
全て自家製か地産品の夕食

taki.jpg
近くには美しい滝が!

zenkei.jpg
美しい棚田が広がる、まさに仙郷。春は山菜狩り、夏はホタルの乱舞が楽しめる

yadonushi.JPG
地域の人が協力して、多彩な体験プログラムを実施!名人がそろっています



宿の詳細情報はこちらから
http://www.yamaguchi-slow.jp/contents/guide/99/
posted by 田舎体験 at 20:01| 日記

2011年01月28日

やまぐちスロー・ツーリズム実践講座開催のお知らせ

 都市と農山漁村の交流を推進する「やまぐちスロー・ツーリズム」の取組がスタートして約4年。

 これまで「イベント型・日帰り型」が中心であった活動が、「通年型・滞在型」の持続的な取組へ
シフトしつつあります。

 こうした取組を確かなものとするため、交流実践者のレベルアップや将来の担い手の確保を目的に
講座を開催します。

 講師として、「やまぐち里山環境プロジェクト」の嘉村則男氏、「農家民宿樵屋」の白松博之氏を
お迎えし、「魅力ある体験プログラムづくり」や「農林漁家民宿の開業」等をテーマにお話しいただ
きます。

 講座終了後には交流会(会費制)も予定していますので、奮ってご参加ください。(定員50名)


【日 時】 2月22日(火曜日)午後2時から

【場 所】 翠山荘(山口市湯田温泉3−1−1)

【問合せ】 山口県中山間地域づくり推進室
      рO83−933−3352


合成.JPG
posted by 田舎体験 at 16:41| 日記

2011年01月06日

農林漁家民宿開業支援講座の開催について

 最近、メディアでも大きく取り上げられている農林漁家民宿。
 今回ご講演いただくのは、愛媛県宇和島市で最も早く開業された
漁家民宿「遊海」の山下さん。山下さんは農林漁家民宿おかあさん
100選に選定され、きっぷの良さとおおらかさのある気さくなお
かみさんとして人気です。
講座では、民宿開業や経営にあたっての苦労話や楽しかったことな
どエピソードを交えながら、農林漁家民宿の醍醐味について語って
いただきます。
そのほか、開業に係る県の支援策のお話や、既に開業されている方
々との意見交換会など内容も盛りだくさん。
農林漁家民宿に興味のある方、農林漁家民宿・民宿・旅館など開業
されている方、民泊(ホームステイ)受入を行っている方々など、
どなたでもお気軽に参加できます。


※農林漁家民宿とは
 農林漁家の皆さんが経営する宿のことです。民宿それぞれの特色
を生かした地元ならではの料理、宿主との交流、農林漁業等の体験
ができるなど、農林漁家ならではのアットホームなお泊り体験がで
きるのが魅力です。


head 1.jpg



【日 時】 2011年1月19日(水)13時から

【場 所】 八幡生涯学習のむら(周防大島町久賀)

【申込先】 山口県中山間地域づくり推進室
       TEL 083-933-3352
      周防大島グリーン・ツーリズム実行委員会事務局
               (周防大島町商工観光課内)
       TEL 0820-79-1003



posted by 田舎体験 at 11:32| 日記
カテゴリ
日記(77)
むらまち交流メールマガジン

山口県内のスロー・ツーリズム情報を定期的に配信します

やまぐち中山間地域づくり支援サイト UJIターン支援サイト 山口県サテライトオフィスサポートセンター

リンク集

  • 山口きらめーる
  • 魅力発県やまぐち
  • ふるさと納税
  • ものづくり.net
  • 小水力発電開発支援サイト